テリマカシ。

マレーシア3年生。

【本日のランチ】アリだけどナシ。

ナシとはマレー語、およびインドネシア語で「飯」の事だそうです。

という訳で集めてみた色んな「ナシ」。

 

その1.「ナシ」カンダールは「飯屋」。

f:id:cotomo:20180829162138j:plain

 Nasi Kandarってイスカンダルみたいですね。

 

ってダジャレのつもりで言ってたんですけど、マレーシアで普通に「イスカンダル計画」が持ち上がっていた事にびっくり。

銀河を離れていく方ではなく、ジョホール州南部の開発計画と、その場所の総称(?)らしいです。

イスカンダルの現状とシンガポールからの機能移転 ‐ マレーシア | 地域・分析レポート - 海外ビジネス情報 - ジェトロ

 

シンガポール家賃高そうだもんね。。。

 

 その2.「ナシ」ゴレンは「炒飯」。

f:id:cotomo:20180829163028j:plain

日本を出ると卵の黄身ってもれなくレモンイエローな気がします。

マルタでもフィリピンでもこの色でした。

なんで日本の卵の黄身は赤味がかってるのかな。。。 不思議。

 

その3.「ナシ」レマッ。

f:id:cotomo:20180829163315j:plain

Nasi Lemak Wanjo Kampung Baru

「ッ」はわざとじゃなくてそう発音するみたいですよ…

(再現できないけど。。。)

 

サンバルソース、小魚、ピーナッツと混ぜていただきます。

ちなみに写真はナシレマアヤムレンダン。(チキン煮込み)

 

 

その4.「ナシ」ケラブ。

f:id:cotomo:20180829163426j:plain

SA ANJUNG SERI TIMUR

青いご飯が特徴なようですが、ここまで鮮やかな水色もないですね。

さすがに着色料使ってる気がします。

 

別店舗で食べたナシケラブ。

f:id:cotomo:20180829163517j:plain

場所はKLCC水族館の出入り口前フードコートの一角ですが、店名忘れてしまった。。。

 天然だと青くてもこれぐらいだと思いますが。。。

バタフライピーという花の色素だそう。

 

写真は両方ともビアサ(多分1番プレーンなやつ)。魚粉、揚げ煎餅、キャベツ、もやし、刻みミョウガ(多分)やパクチー等香菜、塩くんたまを混ぜ混ぜしていただきます。

 

見た目はともかくローカルというか、祭飯ぽいというか、これがジャンクな感じで結構おいしい。

 

その5.ナシミンヤック

f:id:cotomo:20180813002340j:plain

 既出記事コチラ↓

【本日のランチ】ALIBABA NYONYA【ミッドバレーメガモール】 - テリマカシ。

 

ナシミンヤックと書いてますが、実は正式名称はわかんない。。。

(商品名は「ナシミンヤックベントラレンダンチキン」でした)

 

ごはんにはフライドオニオンとレーズン。

マレー風ナムル、お馴染みのおせんべい、揚げたゆで卵とサンバルソース。

写真のはアヤムレンダン付です。

 

以上色んなナシ。お店によっても実は結構個性豊かかもです。

また挑戦したら追記したいと思います。