テリマカシ。

マレーシア4年生。

【はじめてのボルネオ】KLIA2→クチン国際空港 【クチンに行ってきましたその1】

毎年7月にクチンで開催されている、レインフォレストミュージックフェスティバルに行ってきたよ記録です。

rwmf.net

f:id:cotomo:20190827102138j:plain

しかし実際は体調がおかしすぎて大はしゃぎとはいかなかった、ちょっと悲しい想い出。

 


往路の備忘

 

毎度のKLIA2

f:id:cotomo:20190827092159j:plain

のPlaza Plemium Lounge (エアサイド)より

 

毎度のエアアジアです。

f:id:cotomo:20190827102711j:plain

ちなみに所要時間は2時間弱。

 

エアアジアの国内線では、このRokkiというプログラムが無料で利用できるようです。

f:id:cotomo:20190827102746j:plain

国際線にもあればいいのにー! 

さておき観光ムービーなんかを漁ったり

 

フォトジェニックなスペシャルドリンクをいただいたり

f:id:cotomo:20190827092207j:plain

はせず、いつもの通り3 inのコーヒーを飲んだりと、のんびりしてたらあっという間に到着。

 

f:id:cotomo:20190827113427j:plain

ちなみに国内移動でもイミグレ通るんですね。

外国人だからかな。

 

きれいで小さな空港です。

出発、搭乗、フードコートやお土産やさんも同じフロア内。(だったと)

f:id:cotomo:20190827113405j:plain

可愛い猫グッズのお店も。

 

よだん。

そもそもなんで「猫の町」なんだろう。

 

ちなみに「クチン」という町の名前の言われは諸説あるそうで、主には以下。

  1. この辺りに「マタ・クチン」という果物がいっぱい生えてたから
  2. 最初に入植したインドの人がつけた「コーチン」(ヒンドゥー語)が訛って「クチン」になった

 

謎なのはなんでこれが「猫の町」になるかって事なんですが、この「クチン」という発音がマレー語では「猫」という意味になるんだそうです

 

こうやって聞くと結構こじつけのような気もしますが、認識されてしまえばこちらの物といいますか、いまや完全にクチンの観光シンボルになってる様子。

 

おいおい記事内でも紹介してゆきますが、猫のオブジェが町の至る所に設置されてます。

お店の看板猫さんたちといい、同じく猫で有名なあの島よりは、それでもそれらしい気はする。

 

↓ あの島の記憶 ↓

ameblo.jp

 

おいでませサラワク。

f:id:cotomo:20190827103045j:plain

イベントのチケットはこちらでも販売中ー。(多分)

 

移動はもちろんGrabでGo。

f:id:cotomo:20190827103240j:plain

 

よだんその2。

私これ普通に登録制の白タクで、いわゆる二種免許なんかはいらないと思ってたんですが、そりゃそーだよ、「営業」である以上やっぱり「資格」は必要なんですよ。

(マレーシアっておおらかなんだなあでスルーしてた)

 

Grabでお仕事するには「PSV( public service vihicle) Lisence」の取得が義務付けられてるのですが、なかなか厳しい試験らしくて取得者伸びない、安定したサービス(量)が供給できない、で、暫定措置として期限付きで仮免許(?)OKにしてたらしいのですが、

ちょうどこの旅行の時にその期限が切れるというニュースが。。。

www.stuff.tv

知らない土地で車捕まらなかったらどうしよう、すごく値上がりしてたりしたらどうしよう、と思ってましたが、普通に乗れました。

 

ちなみに数か月たった現在もこれといった影響はなくて、なんだったんだろうなあと、しかし安堵。

 

空港から直接本日のお宿、メルデカ パレスホテルへ向かいます。

 


帰路の備忘

 

f:id:cotomo:20190827113136j:plain

 設置5台中4台が使えないってどういう確率。

 

帰りに立ち寄ったPlzaza Premium Lounge。

f:id:cotomo:20190827125519j:plain

Priority Pass使えます。

 

こじんまりしたラウンジです。

公式情報ではアルコール有料とあったのですが、実際には請求されませんでした。

 

クチン名物の「コロミー」を食べ損ねていたので、こちらでいただいてみました。

チャーシューのっけ汁なし麺、と聞いていたけど、こちらは蒸し鶏。

極細面、脂と粉の素朴な風味、味付けは色ほど濃くないです。

 

付け合わせのスープがちょっとしっかり目のお味ですが、もしかしてからめて一緒にいただくのかな。ふりかけフライドオニオンおいしいー。


今回のクチン旅行記事リンク