テリマカシ。

マレーシア4年生。

【客家料理とは】迎客樓@Citta Mall

一人で外食をするにあたっていつも、「食べたいけどでも。。。」に陥りがちなのが中華と海鮮。

なぜなら大皿料理がメインだから。

青菜炒めと白米しか頼めないじゃないかと。。。

 

その点点心系は少しづつ色々頼めるのがありがたいー。

小皿が並ぶ写真に魅せられて入店の本日のお店ですが、あ、飲茶とかではないんですね。

f:id:cotomo:20200131160943j:plain

はて「客家料理」とは。。。

 

wikiさんに聞いてみたら「客家の郷土料理」だそうです。

そのまんまやないか。

 

そもそも客家、というのが漢民族の一支流、だそうで

例えてゆうなら日本の東海地方のみゃーとかダラーとかいうあの辺りの民族の郷土料理、という事でいいのかしら。(八丁味噌)

 

「客家」という文字の感じから、勝手に「おもてなし料理」とか解釈してました。

これは別としても、日本と中国って使ってる字一緒なのに意味全然違う時ありますよね。

ちなみに手紙って書いてトイレットペーパーなんだって。

 

f:id:cotomo:20200131162000j:plain

時間が早いのでとっても静かな店内にて、ひとりメニュー表とにらめっこ。

1品5RMぐらいから頼めるから結構気楽な感じです。

 

あったかいジャスミンティーはポットでサーブ。

f:id:cotomo:20200131162122j:plain

後日来訪時同じ物を頼んだらJasmine teaではなくJapanese greent teaが出てきて

違うでしょ、違うでしょ、説明したら不思議そうな顔された。

Jしかあってねえって。 

 

プラウンライスロール。

f:id:cotomo:20200131162437j:plain

いわゆる腸粉ですね。

ちなみにこれはそのまま、豚の腸に形が似てるからなんだって。

 

焼き餃子というか揚げ餃子というか。

f:id:cotomo:20200131162654j:plain

 

胡麻汁粉

f:id:cotomo:20200131162736j:plain

結構ボリューミーですが、甘すぎないので食べられてしまうー。

 

こちらは別の日にオーダーしたお茶漬け。

f:id:cotomo:20200131162841j:plain

お茶というか・・・いや、でもお茶が一番近いと思う。

だしとかでもないっぽいんですよね。

 

よくわかりません。おいしいというか、とにかくさっぱり。

サラサラというより、ナッツや乾燥小魚、歯ごたえのある青菜類で、結構もぐもぐ食べる感じでした。

  

KL内、色んな所に店舗を構えるチェーン店。

静かで快適、落ち着いて食べられるよいお店でした。

ごちそうさまー!